美女姿(ビジョシ)の歩き方

楽ちんなのに体が軽くなって「あれ?なんか痩せた??」と言われる立ち方・歩き方

壁立ちで「いい姿勢」風のクセがつくかもしれない罠

壁立ちって、ご存知ですか?

いい姿勢とは、こんなんですよ~。
っていうチェックによく使われるやつ。

 

f:id:akkeywalk:20180716210405j:plain



壁に沿って立って、
・かかと、お尻、肩甲骨、後頭部が壁につく。
・腰と壁のスペースは手のひら1枚~1枚半。
となるのが、「いい姿勢」


そうならない場合は、姿勢が崩れているので、
1日数分でも壁立ちをして、「いい姿勢」を形状記憶させましょう~♪
と姿勢矯正にも使えちゃう、お手軽なツールです。 

でもね。
姿勢に癖があるときの、この壁立ち、超キっツい!!

わたしの場合、腰がめちゃめちゃ反っていたので、
腰の壁のスペースは手のひらどころか、こぶしもスポスポ通る。

これを「いい姿勢」にしようとすると、
お腹、太もも、ふくらはぎ、肩...
全身がガッチガチに緊張させないと無理。


そんだけ力んでるから呼吸もまともにできない。
動くこともできない。

まぁ、これで弱ってる筋肉を鍛えて、
だんだんと「いい姿勢」になる。
っていうのが壁立ち姿勢矯正なんだろうけど。

それ本当!?
って思ったのです。

壁立ちで姿勢矯正をしてはいけない理由①

わたしが壁立ちをがんばっていたとき、
全身力まないと、「いい姿勢」にできなかったわけです。

だから「いい姿勢=めっちゃ力まなきゃだめ」という感覚
が刷り込まれてたんです。いつの間にか。

更に、壁があれば、「いい姿勢」風になっていても、
「あ、こういう感じかな~」という体感がゼロだったので、
壁がなくなると、途端に姿勢迷子になってたのです。

いい姿勢って本当は、
バランスがとれていて、力みがなく、楽で体に負担のない姿勢。

姿勢迷子になったときに
とにかく力んでみるのか。
力まず、バランスがとれるようにするのか。

もう真逆。

 

なので、ふっと瞬間的に「いい姿勢」になれたとしても、
頭が認めないんです。

これはいい姿勢じゃない。だって力んでないから。
もっと力まなきゃ。だってそれがいい姿勢だから。

そんな罠にはまり、そこから抜け出すのは結構大変でした💦


そんなに癖が強くなかったり、
センスのいい人は、
そんな罠にははまらずに、
壁立ちで「いい姿勢」がスッと腑に落ちるかもしれません。

多分そういう人は、
壁立ちのチェックの時点で、
あ~こういう感じかな~。
っていう何かしらの手応えがあると思います。

でもね。
わたしみたいに
壁立ちをする間は息もできないほどぎゅうぎゅう力を入れるだけで、
あ~こういう感じかな~。
という感覚が1ミリもない場合は、

壁立ちで姿勢矯正は逆効果だと思うのです。 

壁立ちで姿勢矯正をしてはいけない理由②

そもそも姿勢が崩れているときって、
筋力が弱っているのではありません。
筋肉の使い方のバランスが崩れてるのです。

サボっている筋肉があれば、
使いすぎている筋肉もあるのです。

使いすぎている筋肉は、
普段から常に筋トレしてる状態。

バランスを良くするためには、
まずこの自動筋トレをストップしなくちゃいけないのです。

だけど。
この筋トレ、ストップするの難しいんです。


だって自動だから、筋トレしてる感覚ないんです。
ストップするには、まずは自分が筋トレしてることに気づかなくちゃいけない。

たとえば、いつもふくらはぎにめっちゃ力入れて立ってる
(=ふくらはぎをいつも筋トレしている)

とかね。

で。

壁立ち姿勢矯正は、
この筋トレをストップせずに別の筋トレを足してるようなもの。

筋トレon筋トレ(笑)

何を目指しているんでしょうか~??
マッチョ??
違いますよね?

なのでまずは、
壁立ちをして無理やりいい姿勢を作るよりも。

体のどこがサボっていて、
どこが自動筋トレをしているかを知り、
そのバランスを整えていこうよ~♪
と思うのです。

もちろん、姿勢チェックの目安として
壁立ちは分かりやすいツールだと思います。

わたしも自分の腰がかなり反っていたことが
ガツーンと分かったし。

今は、腰の後ろのスペースが小さくなったことで
その反りが改善されて、おぉ!って思うし。

でも、それはあくまで結果。
バランスを整えていくことで、
だんだんとそうなっただけです。

あのまま壁立ちをギュウギュウがんばっていたら
変な癖がプラスされていたかもなーと思います。

壁立ちは、
あくまで、自分の体の今の癖を知るための目安に使って
力をこめすぎて「いい姿勢」風になる罠に陥らないでくださいね。

ソウルストリップで脱いじゃいました♡

f:id:akkeywalk:20180703221758j:plain

先日、念願だったソウルストリッパー・ミンナ♪さんの
ソウルストリップ受けてきました^^

あ、本当に脱ぐわけじゃないですよ。
脱いだのは靴下ぐらい(笑)

 

どきどき♡ソウルストリップとは


ソウルストリップとは
身体を中心から美しく整えることで、
その人が『芯から美しく生きる』ことに目覚める施術なんですが。 

ソウルストリップというネーミング。
初めて見たときから、気になってたまらなくて。

同じくソウルストリップが気になる~!!!方は
こちら↓↓↓

出口美奈子 ((ミンナ♪))ソウルストリップ

 

そして、ミンナさんの主張に共感しまくりで
更に気になって。

カラダってすごいんです。
カラダって偉いんです。

あなたのカラダって、 

そんなもんじゃないの~~~っ。

 

おっしゃる通り~。
わたしがウォーキングで伝えたいのも、そこなんです~!

 

自分のカラダと仲良くなって。
頭ガチガチの人生から、
 

感性でありのままの自分を表現して、 

毎日の仕事や家事にさえ、

幸せエクスタシィを感じる人生に 

シフトしてみませんか♪

  

シフトしてみるみる~♪
体を整えることで、心も整って繋がる幸せスパイラル♪
わたしがウォーキングで目指したいのも、そこです~! 

ウォーキングに出会ってから、
自分の体がどんどんよくなっていくのを実感していたわたし。
腰痛や肩こりが改善したり。
O脚が改善したり。
スタイルアップしたり。

でも、まだイケる。
もっと脱げる(笑)
って思ったんです。

その状態の自分ってどんなだろ~って。
ワープしたかったんです。 

わくわく♡ソウルストリップ体験


で、ソウルストリップの結果。
まだまだ脱ぐものありました。

たとえば足。
(ここからはちょっとマニアックなお話です。)


足は土台。大事。
だからマッサージしたり、足指じゃんけんしたり、
ケアしてきたつもりだった。

動きづらい部分があるのも自覚してたけど、
前より大分動くようになったなー
と思ってた。

 

のに!!

 

まだロボットの足だった。
足首から先が一つの塊みたいな足。

f:id:akkeywalk:20180703204352p:plain

    画像:https://www.amazon.co.jpより


違うの~。
わたしの足は、人間の足のはずなの~。

f:id:akkeywalk:20180703205139j:plain

でも、ロボット時代が長すぎて、
自由自在に動かせる本当の人間の足は
眠っちゃってたんですね。

それを、ミンナさんが
もっと動けるよ~って
優しく起こしてくれました。

ので、大分人間らしい足になりました。
うわぁ、わたしの足こんなに動けるんだ~!と感動。

やっぱり自分でケアしていても、
動かない状態が当たり前だと、
無意識に、まぁこんなもんかな。
とストップがかかる。

だけど、プロにお任せすると、
いや、もっとイケる♪
というのが実感できる。

だから、ワープできるんですよね~。


それでも眠りが深すぎたせいで
まだ半分ロボットの足だけど、
その分伸びしろがあるってことでしょ~。

完全に人間の足になったら、
わたしのカラダはわたしをどこに連れて行ってくれるのか。
歩き方ももっと進化できるはず~。

楽しみです♪

いい姿勢のコツはエア○○<その①>

いい姿勢のコツ

それは....

わたしがコツを教えてしんぜよう。

エア身体測定です!

???ですね(笑)

エア身体測定 身長編

想像して、やってみてください。
これから身長を測ります。
あなたは少しでも身長を高くしたいです。

やってみましたか? 
今の姿勢はどうなっていますか?

膝が伸びて、
背骨と背骨のすき間が広がっていて、
お腹も縦に伸びるように力が入っていて、
顎をひいていませんか?

そうそう!!それそれ!!!

あ、上に伸びようと頑張りすぎて
肩まで一緒に上がってきて、
ちょっとマッチョっぽくなってませんか(笑)?

肩はリラックスです。

でも、他が頑張っているのに、
肩だけリラックスするのって
言うほど簡単じゃないんですよね(^_^.)

めっちゃ笑顔で怒れ
って言われるのと同じぐらいのレベル(笑)

そんな時は、
肩をできるだけ耳から遠くに離すよう
意識してみてくださいね。

 

それです!
その姿勢がいいんです♡

 

息、してますか(笑)?

 

あっちもこっちも頑張って意識してるので
呼吸するのを忘れちゃうんですよね。

 

私もウォーキングを習っていたとき
よく「呼吸止まってるよ~!」
って言われました(^_^;)

で、

ふぅ~。と吐くと同時に
ふぅ~と元の姿勢に戻っちゃう。
   

おっと、いけない!と姿勢を正すと
また息が止まっちゃう。

この繰り返しでした。

当たり前じゃーん!
普段意識してないことをやるんだから。
いろんなところが頑張ってて当たり前。
うまくできなくて当たり前。
やってみたことが素晴らしい!!


繰り返しやってみることで、
いい姿勢が当たり前になって、
ちゃんと息もできるようになりますよ(笑)

 

デトックス体験記③ ~アフタースープデトックス~

さてさて2回に渡ってスープデトックスについて書いてきましたが、

akkeywalk.hatenablog.com

akkeywalk.hatenablog.com


デトックスを終えて感じたこと。

内臓だって休みが欲しい。

by内臓(笑)

脳や体だって、働いてばっかじゃ疲れる。休みたいよね。
休む時間で回復するから、また頑張れる。

f:id:akkeywalk:20180501162236j:plain

こんな当たり前のことだけど、
内臓に関しては、ずっとこき使ってきた。
ほぼ自覚はなかったけど、相当お疲れだったはず。

その状態で、いくら栄養のあるものを送り込んだところで、
内臓からしたら「いや、その前にちょっと休ませてくれない?!」ってなる。
だから、せっかくの栄養もちゃんと吸収できない。

デトックスとは、知らず知らずにこき使いがちな内臓に、ちゃんと休んでもらって、
「よっしゃ~!パワーチャージ完了!バリバリ行っちゃうよ~!」
って元気になってもらうこと。


その上で、
体に必要なものをプラスしていく。
体に不要なものはマイナスしていく。

これ、わたしがウォーキングでお伝えしていることと一緒だなーと思いました。

①まずは休んでリセット
=使いすぎでカチカチになっている筋肉をゆるめる。

②体に必要なものをプラス
=使わなさ過ぎてたるんだ筋肉にスイッチを入れる。

③体に不要なものをマイナス
=歩き方をマスターし、体に負担がかからないようにする。

①で、カチカチな筋肉がゆるむと体は楽になります。
内臓も、休むと楽になります。

その楽な状態が、デトックスの効果として現れるんだなーと感じました。

わたしが感じたのはこんなこと。 

  • 肌が透明感とハリともっちり感が出た。
    これは、どんな高いお化粧品より効果高いと思います!!つい自分のほっぺとか触ってニヤニヤします(笑)。これだけでもデトックスにチャレンジする価値ありです!!

f:id:akkeywalk:20180501162312j:plain

  • 花粉症の症状がかなり軽減された。
  • お水が甘く感じた(味覚が敏感になった)。
  • カチカチだったお腹が柔らかくなった。
  • 肉質が柔らかくなった。
  • よく噛むようになった。
  • 体も思考も軽くなった。
  • 体重マイナス2.5kg
  • 満腹の幸せと空腹の幸せの両方を感じるようになった。
  • 食だけでなく、他のいろんなことにも、やたら「ありがとう~!」って言いたくなった。
  • 気持ちが穏やかになった。
  • 自分に向き合う時間が増えた。
  • 心と体の繋がりを実感できた。


感じる効果は人それぞれ違うと思うけど、
わたしはやってみてよかったなーって思います。

今回わたしが参加したスープデトックスは、更にパワーアップして第2回目の参加者を募集中みたいです。サポートしてくれるのは、湯浅グリーン愛さん。

もう楽しくて仕方ない!!って感じでデトックスをサポートしてくれるので、楽しく取り組めること請け合いです。

デトックスに興味はあるけど、一歩踏み出せない方。
体も心も繋がってるのね~!を体感したい方。
体も心もリセットしたい方。

是非、覗いてみてください♡

デトックス体験記② ~スープデトックスってどんな感じ?!~

食いしん坊のわたしでも、
できるかも~。
やってみたいかも~。
ということで、えいやっと始めたスープデトックス

f:id:akkeywalk:20180428232744j:plain

1週目:準備期間

まずは普段の食生活から、お肉やカフェイン、小麦、お酒、お砂糖をだんだんとマイナス。そして水分はたっぷりとって、デトックスで体を驚かせないように体の準備。

普段からお酒は飲めないので、そこは痛くも痒くもない。お肉も大好きだけど、まぁ、何とかなる。

が!!

カフェインとお砂糖、小麦にさよならするのは、正直かなり気合が要りました(^-^;

朝は断然パン派だし。
コーヒー&おやつのお茶の時間=至福の時間でしたから。
最初の数日は、未練がましくおやつの入ってる棚を開けては閉めて、を繰り返してました(笑)

そんでもってカフェイン断ちのせいで頭痛にもなったので(普段カフェインを多く採っている人が急に止めると、頭痛になりやすいんですって。お気をつけあそばせ♡)、これ、一人だったら準備期間の段階でギブアップしてただろうな~と思いました。


でも。 

他にも一緒にやってる人がいる、という安心感と。
次週から始まるデトックス本番のための準備と。
わたしデトックスにチャレンジしてるわ。やるじゃん!という高揚感と。
そんなこんなで1週目は乗り切りました。 

2週目:デトックス本番

ここからは毎日野菜スープ三昧。
しかも、そのスープに使うお野菜の色が、チャクラの色に対応しているんです。
深い~!!
なるほど体的にも心的にもスピリチュアル的にもデトックスできちゃうわけです。

チャクラの観点から見ると、感情が滞っている場合は、そこに対応する臓器も弱っているのだそうです。もう本当、体ってどこまで繋がってるの~!!って改めてすごい、と思いましたよ。

スープデトックス期間中は、予想外に辛くなかったです。

デトックス期間中も家族には普通の食事を作っていたので、はっと気づいたらつまみ食いしてたりして?!なんて思ってましたが、意外と平気で。


一つには、デトックスにチャレンジできている高揚感のおかげ。
もう一つは、自分のために時間をかけてスープを作って、じっくり味わう。って、なんだか幸せだったからだと思います。


普段の食事は、なんとなく時間に追われて、生活の一部になりがちなので、そうではない贅沢な時間というか。例えて言うなら、お誕生日の為にごちそうを作る特別感。ごちそうではないけど、自分のために特別なことをしている特別感。これが幸せだったんです。

ただ、デトックス本番最初は、ものすごい寒気と、便秘と、腰痛に襲われました。
デトックスを始めると、好転反応で自分の弱いところが、一時的に強い症状として表れることがあるんですって~。納得。

3週目:回復期間

とうとうやってきました。
スープ以外のものを食べてもいい時が!!

もちろん、ここで暴飲暴食に走っては元も子もないので、徐々に徐々に。体と相談しながら取り入れていくものを増やしていきます。

わたしが最初に口にしたのは生のキュウリ。
思ったほど辛くなかったとはいえ、食べたかったんです~。固形のもの!!!

スープの味は1週間毎日変わるものの、食感はスープ。

だから、キュウリのパリっとしてシャキッとした食感がたまらなくおいしい。
多分、人生の中で一番キュウリをおいしいと思った瞬間です(笑)感激してめっちゃ味わって食べました。その食感を、その味を楽しみたくて自然とたくさん噛みました。

こんな感激が味わえるのも、デトックスのお陰だな~とホクホクしていたのですが、だんだんと体に取り入れるものを増やしていく段階で、誘惑の声が。

「そろそろ、ポテチ食べていいんじゃない?」
「そろそろ、パンも行っちゃう?」

2週目までは、デトックスにチャレンジしている!という高揚感があったのですが、3週目はどちらかというと、山場を越えた解放感でちょっと浮かれてる。受験を終えた後の解放感みたいな(笑)

だから誘惑に負けそうになるんですよね~。

ファスティングデトックスは、回復期が実は最も大事、と言われるのはこういうことなのね~。と納得。

そんな誘惑が出てきたときに、そこにどんな感情が潜んでいるのか向き合うのも、このデトックスのキモ。

「何かを食べたい」と思ったとき。
それは体が欲しているのか?何か満たされない感情の穴埋めで食べたいのか?
体が欲しているのなら、食べれば満たされる。
でも穴埋めなら、満腹になっても感情は満たされないので、食べ過ぎてしまう。

な・る・ほ・ど~!!!
ごもっともだけど、今までそんな風に食に向き合ったことなかったなぁ。
これもまたデトックスのお陰です。

そんなこんなで、3週間のデトックスも終了。

次回は、アフタースープデトックスについて書きます。