美女姿(ビジョシ)の歩き方

楽ちんなのに体が軽くなって「あれ?なんか痩せた??」と言われる立ち方・歩き方

マッサージするほど肩こりがひどくなる罠!?

突然ですが、マッサージは好きですか?
わたしは大好きです。

f:id:akkeywalk:20180913212342j:plain

バッキバキの肩や
パンパンにむくんだ脚を
ゴリゴリもみもみされて
至福のひととき~♡

あまりの気持ちよさに
よだれを垂らして寝てしまい
恥ずかしいやら
もったいないやら💦(気持ちよさをフルに堪能できなくて)
なんてこともよくありました。


今でこそ
マッサージ行かなきゃ、体がしんどい!!
なんてことはなくなりましたが、
やっぱりマッサージは気持ちいいのです^^

特に、子どもに「やって~♡」とお願いして
ぽちゃぽちゃした柔らくてあったかい手で
もみもみしてもらうと、めっちゃ幸せ。

でも。
マッサージなしじゃ、体がしんどい!だったとき。
マッサージの強さは、かなり強くないと満足できなかったんです。
だから、子どものマッサージでは満足できるわけない(笑)

ガチガチに凝ってるから、
マッサージもグイグイしてもらわないと
全っ然効いてる気がしない。

ちょっと刺激が強すぎて痛くても
これこれ~!これが効くはず~!と我慢。
なんかの修行か(笑)!

イメージ的には
強敵(コリ)を力ずくでねじふせる感じ。

でも、体ってそうじゃない。
って知ったときのわたしの衝撃、わかります??

ありゃ~!!!
いいと思ってやってたことが逆効果だった~!!

体はいつだって持ち主を守りたいのです。
強い刺激は、体にとっては異常事態。
だから固くなって、その刺激から身を守ろうとします。

柔らかくほぐすためのマッサージなのに
わざわざ体を固くさせるなんて
強敵を更にレベルアップさせるようなもの。

しかも、そのグイグイ押すマッサージは
筋肉を壊している可能性もあるとか。

それはちょうど
鶏の胸肉をグイグイ押すと
べたっとつぶれるのと同じ感じだそうです。

そんなことしたら
筋肉がくっついて
血流もリンパの流れも悪くなり
更にコリや痛みがひどくなってしまいます。

自分の体にそんなことしてたなんて恐ろしい。

固くなってしまった筋肉には
力で対抗するのではなく、
優しく緩める。

力のぶつかり合いではなくて
泣いている赤ちゃんを
優しくあやすお母さんのイメージ。


強い刺激に慣れていると
なんだか物足りない気がしてしまうけど。

マッサージは
「強ければ強いほど効く」ではないこと。

もしかしたらその強い刺激が
コリやむくみをひどくさせているかもしれないこと。

せっかくのマッサージ。
自分の体を痛めることなく
上手に取り入れてくださいね^^