美女姿(ビジョシ)の歩き方

楽ちんなのに体が軽くなって「あれ?なんか痩せた??」と言われる立ち方・歩き方

長時間ドライブしても、肩しんど~!!ってならないコツ

夏休み~!!

海だ!山だ!キャンプだ!旅行だ!
どんなレジャーを計画してますか? 

長時間ドライブも多くなる夏のレジャー。

 

イベント自体は楽しいけど、
長時間ドライブのおかげで、
はぁ~肩しんど~💦

特に渋滞にはまると
更に肩がずっしり。

 な~んてことありません??

 

こんなとき、
「ちょっと肩トントンして~♡」とか
「運転交代して~」とか
お願いできる人がいればいいけど。
 

ドライバー以外はぐっすり寝てる、とか(笑)
運転が下手っぴで
安心して任せられん!とか(←わたしのこと(笑))


なかなかそうもいかないあなたへ


長時間ドライブしても
肩しんど~ってならないコツ。

それは 

ハンドルを前に
押すようにして持つこと。
 

f:id:akkeywalk:20180726164837j:plain

前のイスの背がハンドルに見えてくる~(笑)はず!

 

ハンドルを持つと
ハンドルにずどーんと腕の重さをもたせかけ
背中が広がり
肩が少し上がりやすくなる。

疲れてくると、
首が肩にますますめり込む。
めり込むと更に負担がかかる負のループ。

 

ずーっと肩をすくめてるようなものだから
そりゃ肩もこるってもんです💦

でも、
ハンドルを押すようにして持つ

背中や脇に
自然と力が入る感覚があると思います。

 

これがミソ。
これで
背中が安定します。

 

だから、
背中も広がりにくく
肩も上がりにくいから
疲れにくいのです。

しかも腕の力でハンドルを動かすのではなく、
背中の力でハンドルを動かす感覚になるので、
腕も重くなりにくいのです。

 

背中や脇に
自然と力が入る感覚が分かりづらい場合は

まずシートに背中をくっつけてから
肩甲骨と手をひっぱりあっこするみたいにして
腕を前に押し出してみてくださいね。

(伝わるかな~)

 

こまめな休憩と
こんなコツを使いつつ
安全運転。


夏レジャーを満喫してくださいね~!